日本対UAE(W杯予選)誤審の審判はどこの国の誰?中東の笛は本当か!

こんばんは、しぐぴよですー W杯予選の初戦、 残念ながら負けてしまいましたね。 W杯アジア最終予選で初戦を落とすと 突破できないとかいうジンクスがある...

こんばんは、しぐぴよですー

W杯予選の初戦、
残念ながら負けてしまいましたね。

W杯アジア最終予選で初戦を落とすと
突破できないとかいうジンクスがあるとかないとか。
まぁ10戦中の1戦落としたくらいで
実質的にはかすり傷みたいなものだと思いたいですが…

 

ちょっと気になるのが、
結局今回の審判ってどうなの?ということ。

勿論UAEが手強かったのは事実ですが、
個人的には全体的にUAEよりの場面が
多かったような気がする…

スポンサーリンク


対UAE(アラブ首長国連邦)戦の審判は誰?

おいおい、今回の審判どこのどいつだよー

そう思って調べたら、
普通にJFAの公式記録が上がってました。

→試合の記録(PDF)

これによると、
主審:アブドゥルラフマン・アルジャシム(QAL=カタール)(敬称略)
副審1:タレブ・アルマッリ(カタール)
副審2:サウードアハメド・アルマカーレハ (カタール)
第4の審判:ハミス・アルクワリ(カタール)

とのことで、
全員カタールの審判でした。

 

どんな人達なのか順番に確認してみたら、

今回の副審その1、
タレブ・アルマッリ氏はある意味で知られており、

AFCチャンピオンズリーグ2014の
サンフレッチェ広島vsFCソウル戦で、
ことごとく日本不利な笛を吹いたようです。

別に日本嫌いということは無いのでしょうけれど、
ミスをしやすい審判なのかな?
ということは伺えます。

過去のやらかしが見つかると、
今回もわざとでは?と一瞬思っちゃうのは
僕だけでしょうかね?w


肝心の主審については、
日本語で検索した際に
今回の試合以外の情報が無いため
日本戦の審判をつとめるのは初めてかと思われます。
スポンサーリンク

サッカーにおける中東の笛とは?UAEとカタールの関係性は

日本、中東の笛に泣く
みたいな見出しを見かけ、
そんなものがあるのかと思い調べてみたら
確かにスポーツ全般に存在するらしい。

 

この言葉が有名になり始めたのが、
北京五輪のハンドボールで、

見ての通りアラブ諸国に有利な判定が多くなる
という審判の癒着諸々を指す語です。

 

サッカーにおいても事例は存在し、
W杯史上唯一ゴールの取り消しが実施された際も、
観戦していたクウェートの王子
(当然試合の部外者)による抗議が
通ったという稀に見る珍事も。

 

今回の試合に話を戻すと、
誰が見ても100%明らかな誤審は
後半32分の浅野選手のシュート。


審判から見た場合相当きわどそうだし、
この判定がわざとなのかどうなのかは、
それこそ審判団本人達のみぞ知るところですが、

個人的には、
ただ単に見間違えただけなのが真相じゃないかな
と思っています。


 

理由が2点ほどあり、

1点目が、
このゴール自体見る角度によっては非常にシビアで
正確な判断が難しそうだったこと。

そして2点目が、
UAEとカタールの国交関係があまり良くないこと。

細かい話は省きますが、
わざわざUAE有利の判定を進んでやりたがるような
関係では無さそうなのは確か。

あとがきー

早いもので、もうW杯予選の時期ですねー

思わぬ形で初戦を落としましたが、
ここ何回か連続でW杯本戦出場を決めている
日本代表ならば、
きっとすぐに気持ちを切り替えられるでしょう。

ただ、それだけに
わざとか否かは別として
試合にケチをつけた審判の方々には
反省してもらいたい。

僕としては、一度した判定を覆さないのであれば
それ相応にミスが発覚した時の
罰則や謹慎期間みたいなものを設けて
緊張感ある公正なジャッジをしてほしいと思いました。

以上、

日本対UAE(W杯予選)誤審の審判はどこの国の誰?中東の笛は本当か!

でした
最後まで読んでいただきありがとうございました!
スポンサーリンク

★艦これ冬イベ攻略記事!★


>>2017冬イベルート固定(暫定版)<<

>>2017冬イベレア艦ドロップ情報(暫定版)<<


>>E2藤波掘り(水上機動両方試行済み)<<


>>E1-「光」作戦準備<<

>>E2-小笠原諸島哨戒線強化<<

>>E3-発動!「光」作戦輸送ゲージ<<

>>E3-発動!「光」作戦戦力ゲージ<<


>>基地航空隊について<<

>>単艦オリョクルについて<<

>>支援装備について<<

>>疲労抜き・キラ付け時の暇つぶし方法(気まぐれ更新)<<


PREV:「第五戦隊」出撃せよ(2-5マンスリー任務)2016年版攻略編成
NEXT:「水上打撃部隊」南方へ!水戦熟練度・先制対潜活用で攻略!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です