5-4アクグラ(アクィラ×グラーフ)編成・装備!実用性と燃費を調査

こんにちは、しぐぴよです 先日、ニコ動でこんな動画を見ました 5-4を省ボーキで周回するというコンセプトで、 後半ではアクィラとグラーフの組み合わせが...

こんにちは、しぐぴよです

先日、ニコ動でこんな動画を見ました

5-4を省ボーキで周回するというコンセプトで、
後半ではアクィラとグラーフの組み合わせが
凄く捗るという旨の内容となっていました。

 

個人的には、アクグラという
新しいカップリングが知れたため
それだけで満足だったのですが、


気になるのは、
この編成実際に真似出来るのか?
ということ。

実際に周回してみて、
その使い勝手をチェックしてみました!

スポンサーリンク


5-4アクグラ編成の概要

どのように運用したらいいか
正直手に余っておりLv50ちょっとで
育成が止まっていたアクィラ。

火力が無さすぎて、
村田友永3個積み+熟練整備員でも、
反航戦キャップに届かないんですよねw

 

どうやら、旗艦艦戦ガン積みで、
砲撃戦を飛ばして装甲の薄さもカバーする
5-5旗艦軽空母の如き運用が
その解決策の一つらしい!

5-4においては、
旗艦に比較的弱い空母(二航戦など)を入れて
艦攻ガン積みでMVPを取りに行くのが
良くある使い方だったため盲点でした。

 

そこで、アクィラに艦戦を4つ積んで
グラーフの最小スロのみに艦戦を入れると
ギリギリ制空が足りるとのことですが…

グラーフ 村田天山,村田天山,友永天山,熟練52★10
アクィラ 烈風改,岩本隊★10,601烈風,601烈風

このように積んで制空値が357~360程度。
実は、岩本隊を改修でMAXにしないと
心もとないという状態でした。

対空11、12の艦戦が揃っている人は多いですが、
岩本隊をきっちり★10まで上げきっている人は
少し減るため、実用的ではないかも?
スポンサーリンク

5ー4アクィラ旗艦、実際の編成装備

実際に編成をしてみます

アクィラ 烈風改,岩本隊★10,601烈風,601烈風
比叡 試製35.6★9★9、九一式★9、紫雲
グラーフ 村田天山,村田天山,友永天山,熟練52★10
50~ 足柄 3号砲★9、3号砲★9、2号砲★9、観測機
春雨 ドラム缶3
初月 秋月砲★10、13号改、ドラム缶

戦艦1、牧場の重巡1、駆逐艦2を加えます。

これで、周回した結果

燃料/弾薬/鋼材/ボーキ/バケツ 時間(秒)
50/213/0/45/0 296 A勝利
99/213/93/50/1足柄 302 A勝利
77/213/51/40/2春雨初月 310 A勝利
206/213/294/50/1比叡 284 S勝利
93/213/81/40/1足柄 305 B勝利

時間が少し多めにかかり、
バケツも平均1消費と若干高め。
ただ、ボーキサイトは平均45とかなり安い。

 

続いて、
戦艦を装甲空母へ、
さらにグラーフの1スロを熟練整備員に変えます。

翔鶴甲 二式、バルジ、村田、九七式友永
グラーフ 熟練整備員、村田、天山友永、52熟練★10

50/193/0/65/0 305 S勝利
134/128/44/15/2春雨初月  撤退
105/193/104/25/2アクィラ春雨 298 A勝利
69/193/36/35/1初月 318 A勝利
50/193/0/35/0 296 S勝利

途中、アクシデントあって撤退しましたが、
弾薬が一回り安くなって
開幕も強化されたため、
こちらの方が優秀にも見えますね。

 

さらに、この後駆逐2が足を引っ張っていると見て
駆逐2→航巡1へ。

すると、ケッコン最上型を使った場合に
燃費はほぼ据え置きだったものの、
3周中3回とも足柄が中大破する結果に…

ターゲットが減るため、
各艦の負担がより一層大きくなってしまうわけです。

もし5隻運用するのであれば、
牧場している余裕はないと見て

足柄→鳥海、最上→利根に。
消費は燃料57、弾薬205。

この後さらに、雷巡木曾を6番艦に加えてみると、
燃料69、弾薬230。

駆逐2隻をやめてからの平均バケツ消費は、
1個弱まで減りました。

 

以上から考えて、
駆逐2隻を加えるよりは、
航巡、雷巡などを入れた方が
周回も安定するかと思います。

制空値が届かない場合は、
もう1隻空母を足して18機以下のスロットに
艦戦を1個加えたら余裕をもって届きます。

いずれにしても、
ボーキを100前後消費する
一般的な編成に比べると、

燃料弾薬の出費が大きくなるあるいは
バケツの消費が多くなったり
S勝利を逃す確率が高くなる傾向にあります。

 

5ー4周回においては、
ボーキサイトを節約するほどに
他の消費・周回時間が大きくなるため、
それをどこまで許容できるかですね。

個人的には、この周回方法で
ある程度アクィラが育った後は、
また従来の方法に戻した方が良いかな?
と思っています。


ボーキの出費が気になるようならば、
下ルート混ぜれば大丈夫ですし。

あとがきー

ということで、
ちょっと話題になっていた周回方法を
試してみました。

15周ほど周回しただけで、
旗艦においていたアクィラのレベルが
55→62に上がってましたw

全体のバケツ消費がやや多めですが、
アクィラのバケツは1回きりだったため、
流石に旗艦は安全だと思いました。

 

とりあえず、随伴駆逐2隻を止めたほうが
全体的に優秀だったように思うため、
アクィラのレベル上げがてら
さらに調整を続けていきたいと思います。

ベースとなる編成
アクィラ 烈風改、岩本隊★10、烈風601、烈風601
グラーフ 熟練整備員、天山村田、天山友永、熟練52★10
翔鶴甲 二式、バルジ、天山村田、九七友永
鳥海 3号砲★9、3号砲★9、2号砲★9、紫雲
利根 ドラム缶4
木曾 5連装★6、5連装★7、甲標的

これに対して、
木曾を阿武隈に変更したり、
翔鶴甲を未改造大鳳、赤城、飛龍改二などに変えたり
鳥海を再度牧場重巡(足柄、衣笠)に変えたり…
まだまだパターンは膨大に残っていますw

結局どれも大差は無いし、
制空さえ取れていればローテで
どの編成も活用していけばよいのでは
という気もします。

以上、

5-4アクグラ(アクィラ×グラーフ)編成・装備!実用性と燃費を調査

でした
最後まで読んでいただきありがとうございました!
スポンサーリンク

★関連コンテンツと広告★


★艦これ2017夏イベント攻略記事!★


随時更新中!

>>E1-再打通作戦発動<<

>>E2-リランカを越えて<<

>>E3-ステビア海の先へ(輸送ゲージ編)<<

>>E3-ステビア海の先へ(戦力ゲージ編)<<




>>基地航空隊について<<

>>単艦オリョクルについて<<

>>支援装備について<<

>>疲労抜き・キラ付け時の暇つぶし方法(気まぐれ更新)<<


PREV:新編「三川艦隊」ソロモン方面へ!装備と陣形・支援の必要性を考察
NEXT:【艦これ】3-5攻略編成最新版!空母3潜水艦3で安定周回!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です