橘ジュンのwikiプロフィール!元レディースの経歴と子供も調査!

こんばんは、しぐぴよです プロフェッショナル仕事の流儀に、 NPO法人「bondプロジェクト」を 立ち上げた橘ジュンさんが紹介されます。 bondプロジェクト...

こんばんは、しぐぴよです

プロフェッショナル仕事の流儀に、
NPO法人「bondプロジェクト」を
立ち上げた橘ジュンさんが紹介されます。

bondプロジェクトというのは、
ざっくり言うと
若い女性に寄り添って
サポートをする団体らしい…

どんな方なのか、
調べてみることにしました!

スポンサーリンク


橘ジュンさんのwiki風プロフィール!経歴をチェック

まずはプロフィールをば

名前:橘ジュン 本名ではないっぽい?
出身地:千葉県
年齢・生年月日:1971年 46歳

2006年に、若い女性を応援する
フリーマガジンVOICESを創刊。

2009年、NPO法人bondプロジェクトを設立。

2010年に、女性専用ネットカフェCafe MELTをオープン。

その後は、夜回り活動などをして
街にいる若い女性を
支援する活動をされているそう。

 

僕たちはあまり意識しないかもしれませんが、
夜も遅い時間に、
あてどもなくうろつき回る
成人すらしていない若い女性が
街なかにはたくさんいるそうです。

 

渋谷で出会った家出少女を保護したのが
活動の始まりというエピソードを聞いて、
「それ、この人達が見つけなかったら
一体どうなってたんだろう?」と
背筋が寒くなったのはここだけの話

 

僕がした家出なんて、
母に怒られた腹いせに家を飛び出し、
校区外まで歩いて
夕方に帰ってくるだけでしたから、

本格的に家出をする人の気持ちは
想像する他無いのですが、
相当に追い詰められていることは
間違いのないところです。

僕の場合、
逃避する先は実家だったのですが、
家すら安住の地でないというのは
本当に地に足が着かない
不安で一杯な状態なんだろうな、
と感じますね。

スポンサーリンク

橘ジュンさんは元レディース?結婚や子供もチェック!

ところで、橘ジュンさんには
元レディースという経歴があった
とも言われていますが…

どうやらこれについては本当らしく、
レディースの一員として活動していたところ
雑誌に取材を受けて、

それがきっかけで文章を書いて
何かを伝えることに目覚めたそうです

 

その時に感じたことが、
後々の活動に繋がるわけですから、
人生何が有るかわからないですねw

 

結婚について気になるところですが、
カメラマンのKEN(多田憲二郎)さんと言う方と
ご結婚されているようです。

http://fitforcharity.org/ja/previous-runs/2015/2015_interview_bond.html

こちらで、左にいる
髭の似合う男性ですね。

この方の撮った写真は、
フリーマガジンVOICESにも用いられており、
BONDプロジェクトに
多大な貢献をしていることがわかります。

 

子供については、
いることはわかっています。
facebookを参照すると、
家族の項目にそれらしい女性はいました。

ただし、その人は
タイムラインから推測すると
現在24~5歳前後なので
橘ジュンさんがご結婚された時期とは
辻褄が合わないので、

もしかしたら娘さんではないのかもしれません。

あとがきー

ということで、BONDプロジェクトの
橘ジュンさんについてでした!

元レディースから、
若者支援活動という
異例の経歴に少し驚きましたが、

本人の気持ちさえあれば
多少の困難は問題ないのでしょう。

 

僕も、中卒なのに
その辺の社長より年収良い人が
知り合いの知り合いにいますが、

結局は各個人の努力次第なのかもしれません。

 

そんな世の中だからこそ、
辛い時に話を聞いてくれる人達の存在は
すごく大切になってくるわけで…

例えば、今日の放送感想ツイートでも、
メンヘラ女出てきてイライラ
みたいなものがいくつか散見されましたが、

どうも最近のネットって
不寛容な言動が多くないですかね?w

 

僕も、親身に相談に乗ってくれる人が
いなかったとしたら、
今こうしてのんびりブログなんて
やってなかったと思いますw

今後も、多くの女性を
救っていってほしいな、と思いました!

以上、

橘ジュンのwikiプロフィール!元レディースの経歴と子供も調査!

でした
最後まで読んでいただきありがとうございました!
スポンサーリンク

★関連コンテンツと広告★


★艦これ2017夏イベント攻略記事!★


随時更新中!

>>E1-再打通作戦発動<<

>>E2-リランカを越えて<<

>>E3-ステビア海の先へ(輸送ゲージ編)<<

>>E3-ステビア海の先へ(戦力ゲージ編)<<




>>基地航空隊について<<

>>単艦オリョクルについて<<

>>支援装備について<<

>>疲労抜き・キラ付け時の暇つぶし方法(気まぐれ更新)<<


PREV:八巻信也(消防士)の経歴と勤務先は?プロフェッショナルで話題に!
NEXT:成田空港のガチャガチャの場所はどこ?人気の種類と海外の反応も!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です