アッキード事件の意味とは?森友学園補助金疑惑の詳細もチェック!

こんにちは、しぐぴよです 山本太郎議員って今でも 元気に活動していたんやなって ツイッターで、これは流行りそうだと なんとなく思った話題をチェック。...

こんにちは、しぐぴよです

山本太郎議員って今でも
元気に活動していたんやなって

ツイッターで、これは流行りそうだと
なんとなく思った話題をチェック。

 

今朝方、「新映像入手」の触れ込みで
FNNニュースの映像が
ツイッターで流れていた気はしますが…

その関連の話ですね。
アッキード事件」という
いかにも格好つけたようなネーミングを
見かけたので、その詳細をチェックしてみました!

スポンサーリンク


アッキード事件の由来は?ロッキード事件との共通点とは

アッキード事件というのは、
調べてみれば2月後半頃から
ちょくちょくネットで見かけた
森友学園関連のワードで、

由来としては、

安倍首相の夫人昭恵(あきえ)さん
×
ロッキード事件

をかけ合わせたネーミングのようです。

 

ロッキード事件って、
政治経済の教科書でちょろっと
載っていただけなので、
恐らく僕含めて若い人には
何があったのかよく把握していないですよね。

今回の一件においては、
首相(当時は田中角栄氏)の汚職
という点に注目したネーミングです。

昭恵夫人が何をやったのかというと、
疑惑の渦中にある森友学園の名誉校長に就任したり、


森友学園を訪れて園児と触れ合ったり。

 

正直、幼稚園児にこんなこと
教え込んで言わせているのって
どうにも薄気味悪さを覚えるのですが…

ただ、個人的な見解を述べると、
夫人の名前をあげつらった
疑惑の俗称を作ったり

あまつさえ議会の発言で
そういった通称を
得意気に使う山本議員は、
ちょっといただけないかなーと思ってます。

スポンサーリンク

森友学園の補助金疑惑って結局なんだろう?

結局、何が悲しゅうて安倍首相は
国会の場でこんなことを言われているのか。

それを知るには、森友学園が今
どういった疑惑を持たれているのか
チェックする必要があります。

 

端的に言うと、
国有地を不正に安く森友学園に明け渡した
という疑惑です。

大阪府豊中市にある、
9億5600万円相当の土地を、
森友学園が1億3400万円で買った
というのが、今明らかになっている情報。

さらには、国がゴミ撤去のための補助金として
1億3176万円を負担したため、

実質224万円という
土地の価格としてはただ同然の値段で
大阪の土地を得るに至った
というのが一連の流れです。

 

この売買の流れに、
首相権限を使って介入して
不正操作していたというのが、
上記アッキード事件の概要ですね。

もしこの疑惑が本当だとしたら、
確かに首相辞任に追い込まれるレベルの、
まさに「平成のロッキード事件」と
呼ばれる事件になるのかもしれません。

 

ただし、この疑惑を追求している側は
土地の価格が変動することや
土地の価格の妥当性について
見落としているというか、
軽視しているようにも感じ取れます。

勿論、自民党対抗の党が
この件について追求することは
必要かもしれませんが、

夫人の名前をもじった通称を
公式の場で
鬼の首を取ったように述べるのは、
ちょっと勇み足かな、
という気もしています。

あとがきー

ということで、アッキード事件(仮称)についてでした

正直、今表に出ている情報だけでは
どのくらい黒いのか不明ですよね。

なので、第三者としては
どちらを必要以上に叩くでもなく
人格攻撃に持ち込むでもなく
冷静に次の情報を待つことが
肝要かと感じます。

 

ただ、それとは別に
新映像入手の件で公開されていた
幼稚園児に安倍首相バンザイさせていたのは、
ちょっと薄気味悪くなったとだけ
言わせてください…w

あの年頃の子には、
普通にお遊戯会させて
外で遊ばせてあげるのに限りますね。

以上、

アッキード事件の意味とは?森友学園補助金疑惑の詳細もチェック!

でした
最後まで読んでいただきありがとうございました!
スポンサーリンク

★関連コンテンツと広告★


★艦これ2017夏イベント攻略記事!★


随時更新中!

>>E1-再打通作戦発動<<

>>E2-リランカを越えて<<

>>E3-ステビア海の先へ(輸送ゲージ編)<<

>>E3-ステビア海の先へ(戦力ゲージ編)<<




>>基地航空隊について<<

>>単艦オリョクルについて<<

>>支援装備について<<

>>疲労抜き・キラ付け時の暇つぶし方法(気まぐれ更新)<<


PREV:艦これ冬イベント2017感想!反省と春イベに向けての準備も
NEXT:【艦これEO】4-5最新攻略!ザラ改二(zara due)&噴式強襲編成

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です